TOPICS 新着情報 株式会社丸島アクアシステム

Topics
HOME > 会社情報

TOPICSTopics

神奈川県飯泉ポンプ場の除塵設備が完工しました。2016/05/12

飯泉ポンプ場は、昭和49年4月から供用が開始されており、伊勢原浄水場、相模原浄水場、西長沢浄水場に、1日最大1,810千m3を送水する神奈川県の水道事業において非常に重要な施設です。このたび、当社はこの取水場にビームラックレーキなどの除塵設備を納入しました。

納入先  : 神奈川県内広域水道企業団
工事名  : 飯泉ポンプ場除塵機等機械設備改良工事
工事場所: 神奈川県小田原市飯泉
設備概要: ビームラックレーキ    8基 (幅5.4m×高3.9m)
        水平コンベヤ      1基
        傾斜コンベヤ      1基
       ホッパ           1基 他

集合写真

流起式可動防波堤の大規模模型実験が行われました2016/03/29

現在、当社は京都大学防災研究所・(独)港湾空港技術研究所・(株)ニュージェック及びみらい建設工業(株)と津波防潮用の可動防波堤の共同研究を進めています。
これまでに、京都大学及び大阪府立大学での実験水槽を使用して1/50スケールの模型実験を行い、先般2015年10月〜11月には、(独)港湾空港技術研究所の大規模波動地盤総合水路(水路長184m×水路幅3.5m)を使用して、流起式可動防波堤の大規模模型実験を行いました。
流起式可動防波堤は、平常時には海底に沈んでいる鋼製扉体が、津波が発生するとその流れにより、まったくの無動力で水面上に立ち上がる新しいタイプの可動防波堤であり、扉体起立時は、基礎につなぎ止められた固定ベルトで支持されるヒンジレスで地震時の揺れの影響を受けない構造となっています。

本実験で用いた模型は、ステンレス鋼製で幅3.3m×高2.2mもあり、実物の最大高さを20mとすると、1/10スケール以上の大規模のものとなります。実スケールにすると波高10mを超える津波に対しても扉体が瞬時に立ち上がり、津波の衝撃を受け止める様子は迫力満点のものでした。

当社は、今後も、津波防災・減災に貢献すべく、共同研究を継続して細部検討を進めていきます。               

集合写真

ボールすくい

「健康増進&禁煙チャレンジ 2016」を展開中2016/03/29

当社では現在、今年で3年目の取り組みとなる「健康増進&禁煙チャレンジ」を、本年1月1日から6カ月間の期間を設けて展開しています。
この取り組みは今から4年ほど前、40代前半の働き盛りの社員2人が生活習慣病によって健康を害したことをきっかけに、会社は社員の健康のため、いい意味での『お節介』をしなければならないと決意し、その翌年の年始から6カ月間の「健康キャンペーン」としてスタートしました。その結果、社内外からの反響も高く、以降3年連続で実施しています。
キャンペーンの内容は、肥満解消や禁煙などに挑戦する社員を募集し、基準をクリアした社員には賞金を与えるというものです。具体的には6カ月間のチャレンジ期間の内に、@メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の解消、Aウェイトダウン5%以上の達成、B6カ月間の禁煙の3項目のいずれかに挑戦する社員を募集し、達成すると1万〜2万円の賞金が支払われます。
これまでの取り組みの中では、キャンペーン全体で毎回30名程度の社員がエントリーし、過去2年間でメタボ解消が5名、禁煙が6名、ウェイトダウンに至っては15名もの社員が目標をクリアしており、今回も多くの目標達成者が出ることを期待しているところです。
なお、この健康キャンペーンでは失敗してもペナルティーはなく、「明るく楽しく健康に」をモットーとして取り組んでいる点も、チャレンジャーのやる気を引き出すひとつの工夫だと考えています。

2017年度新卒予定者採用情報を更新しました2016/02/29

2017年度新卒予定者採用情報を更新しました。
採用情報ページでご確認ください。

東北支店事務所を移転いたしました2015/06/29

このたび、東北支店事務所を下記の通り移転いたしました。これを機に社員一同心を新たにお客様のご信頼にお応えできるよう、より一層努めてまいります。
今後とも倍旧のご愛顧とご支援をお願い申し上げます。

業務開始:平成27年6月29日
所在地:〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡3-7-35(損保ジャパン仙台ビル11F)
TEL:022-380-1200
FAX:022-380-1205

東北支店事務所地図

「丸島のシンクロスクリーン」リーフレットを発行2015/04/22

丸島のシンクロスクリーン(新型横掻式除塵機)は、ごみを掻き揚げずに本川下流へ流し去るので、ごみの貯留装置や搬出装置、さらには塵芥処理が不要となり、維持管理が容易で、しかも低コストの除塵機です。
特長・納入実績等を記載したリーフレットをこのたび発行しました。

新発想の津波対策!完全無動力で起立する流起式可動防波堤の公開実験が行われました2014/08/05

 現在当社は京都大学防災研究所、(独)港湾空港技術研究所、(株)ニュージェックおよびみらい建設工業(株)と共に可動防波堤の共同研究を進めています。そして、7月16日に京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリーにおいて、開発中の流起式可動防波堤の公開実験が行われました。
 流起式可動防波堤は、平常時には海底に沈んでいる鋼製の扉体が、津波が発生するとその流れによって完全無動力で水面上に立ち上がるというまったく新しいタイプの可動防波堤です。扉体は固定ベルトで基礎につなぎ止められており、起立時の荷重はこの固定ベルトで確実に支持されます。また扉体は押し波だけでなく、引き波時にも立ち上がることができ、津波がおさまると自然に元どおり海底に沈み、船の往来が可能となります。
 実験では、実機幅60m×高20m×3門の1/50スケールの扉体が瞬時に立ち上がり、津波の衝撃を受け止める様子が確認されました。
公開実験では多数の報道機関の方々にご覧いただくことができ、新聞やテレビで大々的に取り上げられました。

概要図

実験風景

津波により起立

「行徳可動堰リニューアル工事」が完工しました2014/08/01

行徳

本邦最大の連続サイフォン式取水設備(全30段)が完成しました。2014/04/11

 夕張シューパロダムは、堤高110.6m、堤長390m総貯水量4億2千7百万m3の多目的ダムで、平成18年から建設が開始されておりましたが、今年完成し3月4日に湛水式典が拳行されました。
 このダムには当社が納入した国内最大級の連続サイフォン式取水設備が設置されております。

発注先  北海道開発局札幌開発建設部
       夕張シューパロダム総合建設事業所
工事名   夕張シューパロダム取水設備工事
工事場所 北海道夕張市南部東町(大夕張ダム直下流)
設備概要 連続サイフォン式取水設備 1式
       選択取水管:28段 各呑口寸法:幅10.0m×高さ1.5m
       底部取水管:2段 各呑口寸法:幅2.0m×高さ1.5m
       最大取水量83.0m3/S
       スクリーン、制水ゲート、凍結防止装置 1式

行徳

「丸島の防潮・防水ゲート」リーフレットを発行2013/03/04

津波・高潮に備えての防潮・防水ゲート計画の御参考用として、このたび新しいカタログを発行しました。

お問い合わせ

リーフレット画像


BACK « 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 - 7 » NEXT

PAGE TOP