TOPICS 新着情報 株式会社丸島アクアシステム

Topics
HOME > 会社情報

TOPICSTopics

東日本大震災復興工事報告(VOL.2)2018/03/20

岩手県で現在据付中の津波対策防潮水門(鵜住居川水門・甲子川水門)です。この度1期工事が完了しましたので、ドローンで撮影しました。

復興工事報告1

復興工事報告2

流起式可動防波堤の記事が掲載される2018/03/20

かねてから開発中の「流起式可動防波堤」が、日刊建設工業新聞に掲載されました。

日刊建設工業新聞

2019年度新卒予定者採用情報を更新しました2018/03/01

2019年度新卒予定者採用情報を更新しました。
採用情報ページでご確認ください。

「CHALLENGER of the YEAR(島岡賞)」の表彰式が行われました。2018/01/25

今年で第11回目を迎えた「CHALLENGER of the YEAR(島岡賞)」の表彰式が1月4日(木)に行われました。
この賞は、全社員を対象に社内全ての仕事に光を当てるべく、技術分野、業務改革、業績等、年度毎の顕著な功績に対しその栄誉を称えるものです。本年は功労賞4件が選ばれました。

島岡賞1

島岡賞2

島岡賞3

第63回全国溶接技術競技会で優良賞を受賞2018/01/25

全国47都道府県代表の112選手が溶接日本一の称号をかけて競技を行う、平成29年度(第63回)全国溶接技術競技会において、炭酸ガスアーク溶接の部で当社社員が優良賞を受賞しました。表彰式は平成30年6月13日、東京で行われます。

全国溶接技術競技会

インターンシップ<1day>を開催します!2017/12/20

『この壮大さ、体験しなきゃ分からない!』と題して、2018年「1月12日(金)、2月2日(金)、2月9日(金)」の3日間、インターンシップ<1day>を開催します。
当日は、下記プログラムをご用意しておりますので、創業90年の歴史の中で培われた専門性の深さと経験の豊富さを持つ「水インフラ」のプロフェッショナル集団、丸島アクアシステムの『水を守り、都市を守る』仕事をのぞいて見ませんか?
ご興味のある方は「リクナビ」よりエントリーの上、是非ご参加ください。
 ●企業や業界説明/奈良工場見学
 ●開発現場潜入〜技術・製品開発の最前線に触れてみよう〜
 ●若手社員とのランチ座談会

こちらのURLからエントリーできます 【 https://job.rikunabi.com/2019/company/r449310078/internship/ 】

全国溶接技術競技会

ホームページをリニューアルしました2017/11/28

ホームページをリニューアルするとともに、製品情報に「流起式可動防波堤」、「ネオ・サイクロン」、「ダブルメッシュロータリースクリーン」を追加しました。ぜひご覧ください。
 ・流起式可動防波堤 
 ・ネオ・サイクロン 
 ・ダブルメシュロータリースクリーン

流起式可動防波堤

ネオ・サイクロン

ダブルメッシュロータリースクリーン

東日本大震災復興工事報告(VOL.1)2017/11/28

現在岩手県で据付中の津波対策防潮水門を、弊社所有のドローンで撮影しました。
高品質な製品を納めることで、震災復興に仕事を通じて直接貢献して行きたいと思います。

東日本大震災復興工事報告

東日本大震災復興工事報告

第43回技術研究発表会が行われました2017/11/28

2017年11月17日に第43回技術研究発表会が奈良工場で開催されました。本発表会は20年以上継続的に行っており、弊社総合技術力の底上げに大きく寄与しています。
発表テーマは、引張りラジアルゲートの設計報告、エア駆動昇降式曝気装置の開発報告、除塵機や水処理設備の高難度工事の施工報告、地下鉄用特殊タイプ防水扉の施工報告など多岐にわたる内容でした。
また、第42回、第43回の発表テーマについて合わせて審査が行われ、2018年1月4日に2017年度の技術大賞および技術賞、奨励賞が表彰されます。

技術研究発表会

技術研究発表会

技術研究発表会

下水道展’17東京ご来場御礼2017/08/28

拝啓
 平素は格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 下水道展’17東京では、ご多用のところ弊社ブースにお立ち寄り頂きまして誠にありがとうございました。
 皆様からのご厚情にお応えすべく社員一同、いっそう業務に精励致す所存でございます。
 今後ともお引き立てくださいますようお願い申し上げます。 
 略儀ながらホームページ上をもちましてご挨拶かたがた御礼申し上げます。

敬具

平成29年 8月
                              株式会社丸島アクアシステム
                              取締役社長  島岡 秀和

技術研究発表会


BACK « 1 - 2 - 3 - 4 - 5 - 6 » NEXT

PAGE TOP