ワーク・ライフ・バランスの推進 株式会社丸島アクアシステム

Company
HOME > 会社情報 > 働き方改革の推進 > ワーク・ライフ・バランスの推進

ワーク・ライフ・バランスの推進Work-life Balance

丸島アクアシステムでは、社員一人ひとりが家庭生活や地域生活において自己啓発、スポーツなどを通じ、また会社生活においても楽しく生き生きと働くことによって、豊かさや幸せを実感できることこそが、社員の幸せにつながると考えています。
こうしたことから、労使双方の委員で構成される「ワークスタイルイノベーション委員会」が中心となって、「業務の効率化」と「総実労働時間の短縮(時間外労働の削減や年次有給休暇の取得率向上)」に取り組んでいます。

時間外労働の削減

  1. iPadやiPhoneによる、出張先でのデジタル通信やクラウドサービス、社内LANシステムの活用により、打合せの効率化や課題、問題点に対し迅速な対応を図っています。
  2. 毎週水曜日と月末の金曜日は、全社一斉の「ノー残業デー」と定めています。
  3. 「ノー残業デー」は、出張先からの直帰を推奨しています。
  4. 「ノー残業デー」は、午後3時からの社内会議を禁止しています。
  5. 「ノー残業デー」は、社内LANの使用可能時間を18:30までに制限し、早期退社を促しています。
  6. その他、時間外労働の削減に向けて、業務の効率化とワークスタイルの変革に取り組んでいます。

有給休暇の取得率向上

  1. 年1回、有給休暇を数日分使用し、休日を含む1週間程度の連続休暇を取得できる「長期休暇制度」を運用しています。
  2. 有給休暇のうち6日間を限度として、半日休暇12日間を使用できる「半日休暇制度」を運用しています。
  3. 有給休暇の時効(時期を指定できる期間)は法律では2年間ですが、当社ではさらに6カ月間延長し2年6カ月と定めています。
  4. 2年6カ月を経過して消滅する有給休暇は、「年休ストック制度」により30日を限度として積み立て、再使用することができます。
  5. その他、有給休暇の取得率向上に向けて職場環境の改善など、様々な施策に取り組んでいます。
PAGE TOP